圧縮空気除湿装置、冷却式除湿装置ならハイグロマスター

Phone (Japanese Only)

東京:03-3622-8131

名古屋:052-702-2244

-α°DP型

ホーム > 製品情報 > -α°DP型

自然の力でドレンレス、省エネタイプの-α°DP型

ハイグロマスター「-α°DP型」は、世界にその類を見ないクーリングタワーの利用による冷却除湿法の完成形です。

装備する専用クーリングタワー冷却水を使用して冷却除湿を実施します。
外気湿球温度近くまで冷却された冷却水により圧縮空気を冷却し、外気温度より少し低い露点温度のドレンレスエアーが得られます。

外気温度>圧力下露点温度>専用クーリングタワー冷却水>外気湿球温度
 (乾球)


クーリングタワーを利用して圧縮空気を冷却する機器として空気圧縮機(コンプレッサー)のアフタークーラーがありますが、-α°DP型とアフタークーラーの違いについてはこちらをご覧ください。

安価な動力によりドレンレスエアーを供給します。動力はクーリングタワーファンと循環ポンプのみなのでランニングコストが非常に小さくすみます。
同様の理由で故障時の復旧が容易です。
除湿にあたり冷凍機を使用しませんので環境にもやさしい(ノンフロン)。
α比較.png 他社の冷凍式除湿機より80%省エネ。
運転動力だけ比較しても動力費は1/3。
低い運転動力と圧力損失で環境負荷の低減に貢献します。

除湿機以降の配管が外気温度以下に冷却されるような場所では、周囲温度による配管内でのドレンの二次凝縮の可能性がありますのでご相談ください。

-α°DP型の特徴

確実なドレン分離排出機構を装備

過度の冷却不要。独自の油分除去機構(コワレッサー)により、給油式圧縮機に対応。

地球環境に配慮

冷凍機を使わないのでノンフロンでクリーン。

運転コストが小さい

動力がクーリングタワーと循環ポンプのみなので、運転コストが軽微。

長期にわたり低圧力損失。

装置ごとに専用設計された冷却器により、長期にわたり低圧力損失を実現します。
冷却式ハイグロマスターの標準圧力損失は0.01MPa以下。
配管の劣化等で流入してくる錆びやごみにも強く、入口フィルターも必要ありません。

油分除去機構なし…10年~15年
油分除去機構あり…2~4年(充填材交換により復帰)

露点温度は外気に自動追従

クーリングタワー冷却水により、外気温度より常に-α℃低い露点温度が得られます。

参考図

お引き合いに際して

お打ち合わせ時に下記の内容をご確認させていただき、最適なお見積もりをご提案いたします。

1.空気処理量

2.空気圧力(使用圧力、耐圧)

除湿機は、最大流量と最低圧力で設計します。

3.入口空気温度(夏期、冬期)

温度は四季を通し同じではありません。

4.空気圧縮機の使用(油の有・無)

油分除去への対応

5.電源(電圧、周波数等)

6.特別仕様の有無、要望事項

※夏期空調水が流用可能な場合は、冷水温度もお知らせください。

図面ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

東京:03-3622-8131

名古屋:052-702-2244

©2017 HYGRO MASTER,INC.