圧縮空気除湿装置、冷却式除湿装置ならハイグロマスター

Phone (Japanese Only)

東京:03-3622-8131

名古屋:052-702-2244

C型(排熱利用)

ホーム > 製品情報 > C型(排熱利用)

超低露点エアーが必要なら吸着式(吸湿式)のC型

ハイグロマスター「C型」は、乾燥剤(吸湿剤)で圧縮空気中の水分を吸湿し、冷却式では得られない超低露点の空気を得る除湿機です。

乾燥剤(活性アルミナゲル、合成ゼオライト等)を使用して、冷却式では得られない大気圧下露点-80℃程度まで用途に合わせて製作します。
長年の経験を生かした豊富なノウハウを有効に使用し、長期間にわたる安定した性能維持、省エネ運転を提供します。

KANETSU001.jpg
コンプレッサー排熱利用型ではコンプレッサーの圧縮熱による高温空気を利用して乾燥剤の加熱再生を実施します。
通常ただ捨てられるだけの排熱を利用する為、除湿装置としてほぼ動力がかかりませんので非常に省エネです。
コンプレッサー側アフタークーラーの動力削減にも有効です。
(このタイプでは入気温度により得られる露点温度が決定されるので、必要露点温度によっては別途熱源による加熱が必要な場合もあります)
通常排熱利用型はコンプレッサーと除湿機を1対1の組み合わせで設置する必要がありますが、弊社の制御技術によりコンプレッサー3台まで1台の除湿装置で対応可能です。



C型(排熱利用)の特徴

乾燥剤を使用した超低露点エアーの供給

冷却式では得られない低露点エアーを供給可能。

コンプレッサー排熱利用による省エネ

コンプレッサー排熱を利用することにより、除湿装置では動力ゼロ。

露点温度検知による省エネ切換による省エネ

低負荷時通気時間の延長が可能(再生回数の減少による省エネ、機器の損耗防止)。

少ない圧力損失

長期にわたり、少ない圧力損失を維持。

クリーンエアーの提供

アフターフィルター取付による除塵効果。

参考図

C型廃熱.jpg

お引き合いに際して

お打ち合わせ時に下記の内容をご確認させていただき、最適なお見積もりをご提案いたします。

1.空気処理量
2.空気圧力(使用圧力、耐圧)
  除湿機は、最大流量と最低圧力で設計します。
3.入口空気温度、露点温度
4.必要露点温度
5.空気圧縮機の仕様
6.冷却水の温度
7.設置場所(屋内・野外)、周囲温度
8.電源(電圧、周波数等)
9.使用条件、時間(切替時間)
10.特別仕様の有無、要望事項

図面ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

東京:03-3622-8131

名古屋:052-702-2244

©2017 HYGRO MASTER,INC.